要約書の記載のクレーム解釈への影響(米国)

2020.08.31 

わが国の特許法第70条第3項は、特許発明の技術的範囲の解釈において、要約書の記載を考慮してはならない旨規定している(※1)。
米国ではどうか。判決日が2000年4月とかなり古いが、有名なCAFC(連邦巡回控訴裁判所)があるので紹介する(※2)。
“The trial court’s interpretation of the term “cushion” is also consistent with intrinsic evidence from the ‘346 patent itself. The abstract of the disclosure emphasizes the support and comfort provided by the upper and lower inflatable layers, which are identified in claims 1 and 10 as consisting of sets of cushions. The abstract states that ” [t]he inflatable structure preferably has two components: a) lower inflatable layer which is selectively operable to provide basic support for the patient,” and “a second inflatable layer includ [ing] a plurality of zones for establishing optimal patient interface pressures and patient comfort levels.”*  In addition, the written description portion of the patent recites that the “lower support layer” and the “upper overlay assembly” operate in conjunction to provide support and comfort to the patient, see ‘346 patent, col. 13, ll. 31-55. Moreover, the written description notes that the head section cushions of the lower layer “will lie under, and . . . will support, the patient’s head,” id. at col. 9, ll. 41-48, and that “the lower inflatable layer has utility for supporting a patient directly, without the intervening upper support layer,” id. at col. 18, ll. 4-7.”

(裁判所の”cushion”(クッション)という用語の解釈は’346特許自身からの内部証拠と一致している。要約書では、クレーム1-10において一組のクッションと認定される上部と下部の膨らませることができる層によって与えられる支持と快適さを強調している。要約書は、好ましくは2つの部品を持つ膨張可能な構造: 「a)患者に基本的な支持を提供する選択的に操作できる下側の膨張層」と、「b)患者のインターフェイス圧力と患者の快適レベルを最適な状態にするための複数のゾーンを含む第2の膨張可能な層」について開示する。しかも、意見書では「下側のサポート層」と「上側の覆い部材」は、患者に支持と快適さを与えるために結合した状態で動作すると述べている(’346特許、col.13, II. 31-55参照)。さらに、意見書では下層の頭部のクッションは「下側にあり、・・・患者の頭部を支持する」(id. col.9 II. 41-48)こと、「下側の膨張可能な層は、上側の支持層を介在せず患者を直接指示する有用性を持つこと」(id. col.18,II.4-7)について記載している。)

として、要約書の記載に基づき、クレームを限定解釈した。なお、上記判決を受け、米国では「要約文」をクレーム解釈に利用することを禁止する規定が2003年規則改正により削除されている(37 CFR 1.72 Title and abstract.)。

1.  A patient support surface, comprising:
a support assembly;
a first longitudinal cushion set coupled to said support assembly, said first longitudinal cushion set including a plurality of generally parallel cells, and extending a portion of the longitudinal length of said support assembly;
a second longitudinal cushion set coupled to said support assembly, said second longitudinal cushion set including a plurality of generally parallel cells and also extending a second, longitudinally offset portion of the longitudinal length of said support assembly;  and
an inflatable support layer disposed generally above said first and second longitudinal cushion sets.

10. A support surface for supporting a patient comprising:
a support assembly;
a first set of inflatable longitudinal cushions coupled to said support assembly and arranged to extend partially along the longitudinal length of said patient;
a second set of inflatable longitudinal cushions coupled to said support assembly and arranged to extend partially along another, longitudinally offset portion of the length of said patient;
a patient contacting assembly retained between said patient and said first and second sets of inflatable longitudinal cushions;  and
a supply of air in selective communication with said patient contacting member and with said first and second sets of inflatable longitudinal cushions.

なお、要約書に関する他の米国CAFC判決として、詳細は割愛するが米国特許法第112条第1項の「開示要件」を満たすか否かの判断で発明の要約を参照した例がある(※4)。

米国出願を予定している場合、要約書の記載がクレームの限定解釈の根拠になりうるという点を考慮して出願書類を作成するべきである。

===
※1 特許法(令和2年4月1日施行) https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=334AC0000000121#609
(特許発明の技術的範囲)
第七十条 特許発明の技術的範囲は、願書に添付した特許請求の範囲の記載に基づいて定めなければならない。
2 前項の場合においては、願書に添付した明細書の記載及び図面を考慮して、特許請求の範囲に記載された用語の意義を解釈するものとする。
3 前二項の場合においては、願書に添付した要約書の記載を考慮してはならない。

※2 米国CAFC判決 HILL-ROM COMPANY v. KINETIC CONCEPTS, INC
https://caselaw.findlaw.com/us-federal-circuit/1082286.html

※3 アメリカ合衆国特許規則連邦規則法典第37巻2018年1月16日改正 (特許庁抄訳)
https://www.jpo.go.jp/system/laws/gaikoku/document/mokuji/usa-tokkyo_kisoku.pdf

※4 米国CAFC判決 Laryngeal Mask Co. (LMA) v. Ambu AS  (CAFC 2010)
https://www.casemine.com/judgement/us/5914b003add7b049347506d8