当事務所は、電気電子分野、情報・通信分野(ソフトウエア関連発明)、化学分野(無機材料及び有機材料、各種薬品などの工業材料及びプロセス、医薬・バイオ技術)、機械分野など、ハイテク分野全般をカバーしており、国内外の研究機関及びハイテク企業からの取扱実績があります。

取り扱い分野

電気電子分野 半導体デバイス構造・プロセス要素技術、微細加工技術(ナノテクノロジー)、アナログ電子回路、デジタル電子回路、各種電気機器、各種センサー、光学技術、無線技術、超音波技術、各種制御技術、各種物理量測定技術、その他ハイテク分野全般等
情報・通信分野 コンピューターソフトウエア関連発明、プロセッサ及びコンピューターシステム関係(UNIX・Windows応用技術)、ゲーム・スマホアプリなどのプログラミング関係、暗号化技術、画像処理その他のデータ処理技術、デジタルフィルタ関係・AI・IoT・ブロックチェーン関係、各種シミュレーション技術等
化学・材料分野 樹脂、薬品などの工業材料(有機材料・無機材料)及びプロセス技術、医薬品及びバイオ関連技術(タンパク質、遺伝子関連技術)、二次電池及び燃料電池等
機械分野 自動車関係(構造系、駆動系、エンジン周り等)、モーター、油圧・水圧技術・粉体・流体力学応用技術・プラント技術、製鉄関係技術、メカトロニクス、MEMS、3Dプリンタ技術、医療機器、水及び空気処理技術、フィルター技術、燃料及び燃焼関連技術、建築技術、カメラその他精密機械、その他ハイテク技術全般

外国特許出願について

各国の提携事務所又はクライアントの指定代理人に連絡をとり、出願を依頼します。特許制度のあるすべての国に対応できます。各国の出願実務及び出願内容の位置づけ(重要度や発明内容)に応じた出願方針をご提案しています。

例えば、米国出願の場合、バイパス出願或いは予備補正、複数従属クレームの解消など、スムーズに権利化できるように、現地代理人に適切な指示を行うことをご提案いたしております。また、PPH(パテント・プロセキューション・ハイウェイ)など審査期間を短縮するための、早期審査の手続が利用できる場合には、適宜ご提案させていただいております。

PCT出願(国際出願)

PCT出願の場合、国際段階と国内段階と2つのフェーズがありますが、クライアントや案件それぞれの個別具体的な事情を考慮して様々な考慮すべき要素があります。なお、当事務所では、我が国を指定国から除外せず自己指定する方法を推奨しています。

外国特許権取得の流れ

外国特許出願の無料ご相談・お問い合わせ承ります。

MORIWAKI IP, P.C. / 特許業務法人森脇特許事務所

営業時間:平日 9:00~17:00

TEL075-353-7707
FAX075-353-7708