知財管理業務の重要性

2013.08.20 

知財管理業務の重要性について書いてみようと思う。
知財部門を持つ企業は別として、多くの企業では、「知財業務」は、事務系スタッフが兼任して対処していることであろう。しかし、会社のなかで知財業務の比率が小さい間は他の業務との兼任でも対応できるが、会社が大きく成長していく過程で、知財業務の占める割合は飛躍的に高くなってくる。その際にきちんと知財の管理ができる人材を社内に持つことは、会社にとって非常に重要であると思う。
知財管理業務を担当する方にお勧めの国家資格がある。

知的財産管理技能検定
http://www.kentei-info-ip-edu.org/

企業経営部門の方は、知財に興味を持つ社員の方に資格取得を勧めてみてはどうか。知財担当者の採用の際にもよい指標になるであろう。 合格に必要な勉強は日常的な知財実務に直結するものばかりであるため、企業の知的財産部門で知財管理をする人に人気のある資格であるように思う。1級から3級まであるが、まずは3級からということになるであろう。きちんと勉強すれば必ず受かる試験である。

知財の知識は一朝一夕につくものではないので、知財キャリアに興味のある事務系スタッフの方や現在知財業務を兼任されている方は、いまから準備しておけば、将来会社に「知財部門」ができたときに、有資格者としてその中心的な存在として活躍できるであろう。自己研鑽・キャリアアップのために挑戦されてみてはどうか。たとえ転職したとしても、「知財管理のプロ」として、生涯にわたって長く続けられる職業である。